桜の塔 3話 ネタバレ&感想 / 同期3人に絆があったんだ良かった( ;∀;)

【木9/テレ朝】桜の塔
この記事は約4分で読めます。

桜の塔 3話 ネタバレ&感想です。

桜の塔 3話 あらすじ

警視正に昇進した上條漣(玉木宏)は、警務部へ異動となった。警察の中の警察だ。早速、警務部長・吉永晴樹(光石研)から拳銃を横流しした犯人を探るよう命じられる。上條漣は早速目星がついており、犯人は水樹爽(広末涼子)のいる班の中にいる可能性が高いとにらみ、爽に協力を依頼する。

現行犯逮捕しようと上條は罠をしかけるが、かからなかった。これにより、上條は犯人に内通者がいると考えた。更に罠を仕掛けたところ、高杉賢剛(長谷川朝晴)がかかり、水樹と上條は高杉を捕まえる。

その時、上條に同期・馳道忠(渡辺大知)から電話がかかってくる。馳は昇進がなくなり、吉永の不正経理の処理を任されていた。良心の呵責に耐えられず、馳は上條に高杉の秘密と不正経理の証拠をメールで送り、薬を飲んで自殺を図る。上條は同期・新垣広海(馬場徹)に電話し、新垣は馳の元へかけつけ、馳はなんとか一命をとりとめる。

吉永は、警視総監・荒牧雄彦(段田安則)の甥である高杉を上條に逮捕させることで、上條を排除しようとしていた。しかし馳からのメールで高杉のことを知った上條は、高杉を逮捕しておらず、依願退職させることで荒牧に貸しを作った。更に、吉永の不正経理の証拠もつきつける。千堂大善(椎名桔平)は不正経理は馳に罪を被ってもらうことが馳のためにもなると処理しようとするが、上條は納得いかない。

上條は小宮志歩(高岡早紀)、刈谷銀次郎(橋本じゅん)の元へ行き、「あなたが高杉の内通者でしょう」と詰め寄るのであった。

桜の塔 3話 感想

裏切り祭りってくらいみんな嘘ついたりそれぞれ思惑があったり、相変わらずドロドロと暗い警察内部なわけですが、今回は上條、新垣、馳の同期3人の絆が見えて、それが救いというか、良かったです。

馳は内面にいろいろ闇を抱えている感じでしたが、彼の人当りの良さで同期3人のバランスがなんとかとれていました。そしてわりと素直に上條との会話を楽しんで、良心に従って上條に真実を教えてあげてたし。それに対して馳を助けようとする上條は本気だったし、普段悪態ばかりだった新垣もそこは上條と協力して馳を助けました。新垣もある意味素直に上條につっかかってばかりいるので、同期の仲には嘘がない感じがします(⌒∇⌒)良かったです。一緒に警察学校を乗り越えた仲間はやっぱり特別なのでしょうか。ってこれは甘い考え方なのかな~。

馳が死んでしまうのではと心配しましたが、とりあえず大丈夫だったようで一安心です。渡辺大知はついこの前大河で亡くなったばかりなのに(徳川家定)、このドラマでももう退場だったらかわいそうでしょ(;^ω^)今回の渡辺大知の演技良かったな~。葛藤が伝わって、ぐっとくるものがありました。

今後は仲里依紗と広末涼子、岡田健史まで絡んで少し恋愛模様も描かれるかもですね。とはいえこのドラマは恋愛メインじゃないからな~。好きでもない上司の娘に手を出すってのは玉木宏はリスキーなことしますねえ。どうなるか恐ろしい(;’∀’)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

岡田健史ファースト写真集 「鼓動」 throbs [ 岡田 健史 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/4/30時点)

楽天で購入

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました