ドラゴン桜(実写ドラマ) 9話 ネタバレ&感想 / 鈴鹿央士と髙橋海人の熱演に感動( ;∀;)ミッチーの裏切り。

【日9/TBS】ドラゴン桜
この記事は約4分で読めます。

ドラゴン桜 9話 ネタバレ&感想です。

ドラゴン桜 9話 あらすじ

大学入学共通テストへ向けて、東大専科の生徒は特別講師の追い込み授業を受ける。一方、水野(長澤まさみ)たちはなんとか学園売却を阻止出来ないか考えていた。
生徒たちは最後の模試を受ける。藤井(鈴鹿央士)は中学の知り合いに合ってしまい、バカにされて平静さを失くしてしまう。健太(細田佳央太)は藤井の様子がおかしいと心配して健太なりに励ました。
そして大学入学共通テストは本番を迎えた。東大専科の全員はそれぞれベストを尽くす。小杉は模試の時と同じ点数で思ったほど良くなかったが、東大専科クラスでは安定のトップ。そして藤井もあまり点数が伸びずに理系受験だと少し厳しい結果になる。他のメンバーは模試時に比べてみんな点を大きく伸ばした。特に天野は驚異的に伸びかなり良い状況だ。しかし、それでも瀬戸(髙橋海人)は東大合格するのは奇跡に近いというギリギリの点数であった。小橋(西山潤)・岩井(西垣匠)は足きりに届かず、東大は来年また頑張ることになった。
瀬戸は落ち込み教室を飛び出し、家で姉のラーメンを食べながら号泣し、翌日から教室に来なくなった。
桜木(阿部寛)は藤井に文転すれば東大に受かるチャンスがあると言い、藤井はプライドを捨て文転を決意し、クラスのみんなに国語と日本史を教えてくれと素直に頼る。クラスのみんなはもちろん喜んで協力するのであった。
一方、水野たちは万全の策を練り学園売却を阻止する目途がたった。そこで先代理事長・龍野恭二郎(木場勝己)と直接対決の日、先代理事長側の人間として坂本(林遣都)、米山(佐野勇斗)、岸本(早霧せいな)が現れる。驚く水野たちであったが、水野や久美子(江口のりこ)は対抗案を見せ、売却はさせないと息巻く。しかし高原(及川光博)が裏切り先代理事長側に回り、久美子たちは一転窮地に陥った。

ドラゴン桜 9話 感想

学生たちはついに大詰め!大学入学共通テストか~そっかもうセンター試験じゃないんだよね…。英語のリスニングが前より重要になった、くらいしか知りませんが(;^ω^)

今回は本番に弱い藤井きゅんが模試でも本番でも上手くいかなくてかわいそうでかわいそうで( ;∀;)本番「俺は出来る!超できる!!」って自分を鼓舞してた(カワイイ)のに…ダメだったかあ。本番はいけそうな気もしてたのにな~。文転する葛藤の様子の演技は見事だった。最後は素直に仲間を頼れるようになって、もう感動( ;∀;)これならきっと東大合格出来る!これで落ちたら藤井きゅん不憫すぎて見てられない…。鈴鹿央士、後半出番増えてるよね!?藤井役好評なのかな?鈴鹿央士推しだからそう見えちゃうだけ??今回の藤井役で、改めて鈴鹿央士好きだなーって思えました(≧∇≦)

髙橋海人の、大学入学共通テストがダメでラーメン食べながらめっちゃ泣くシーンは凄かった…。彼の今回のドラマの演技とても良いよね!姉ちゃんの恋人に出てたときは演技上手いとは思えなかったんだけど、今回は上手いと思う。成長したのか、こういう役が合うのか。どっちもかな(⌒∇⌒)

坊主コンビたちも相変わらず可愛くて前向きで素直で、もう完全にこのドラマの癒しキャラです(*´▽`*)いやー最初から東大専科に入っていなかったのが悔やまれるね!入ってたら受かったよね!!

なんかミッチーは裏切る気がしてたら、お前やっぱりかwwムハハハって変な笑い方連発すんな!

そして敵サイド、恭二郎のあとに岸本、そのあとに坂本米山って、バラバラに入場してくるのおかしいからwwえ、それまで廊下で待ってたの君たちΣ(゚д゚)まとめて入ってきなさいよ(笑)

いやもうね、あの生意気な林遣都、正直カッコイイよ?あーやっぱりカッコイイ好きって思ったよ?でもドラマ的には彼らいらないわー。生徒たちの頑張りだけで十分なドラマだよー。

次回最終回!強力な助っ人が山Pなのかどうかが最大に気になるところです(‘ω’)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました